”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

TETSUさんからの近畿運輸局・兵庫陸運支局(神戸)の情報

近畿運輸局 兵庫陸運支局(神戸)の情報です。もしよろしければご参考にしてください。

兵庫支局は神戸市東灘区の魚崎浜にあります。正面入り口を入って駐車場をはさんですぐ南に2棟建物があり、むかって右側の茶色っぽい建物の2階で書類や印紙を購入します。継続検査に必要な自賠責保険もここの案内のカウンターで更新できます。

書類に記入し印紙の購入がすめば、今度は隣の白っぽい建物の1階(3)番カウンターで車検受付と書類のチェックです。(ちなみに、支局敷地内の北東、ラインの手前にプレハブの「予約センター」という建物がありますが、ここはユーザー車検の受付ではありません) ここで係員に「初めてラインに入ります」と言うと、ビデオを観てくれ、と言われます。
このビデオはライン(1)番のマルチテスタ(4輪ともテスタに載せて検査するもの)のやり方しか放送されないのでご注意。

それが終わるといよいよラインです。(1)が先ほどのビデオのマルチテスタ、(2)〜(4)が旧いタイプの前後輪別に載せるテスタ、(5)(6)が大型車兼用です。
やはり操作の少ないライン(1)がおすすめですが、フルタイム4駆などはこのラインしか認められていないので、多少混むこともあります。

流れはここの管理人様が書かれている通りです。なにか困れば係員が教えてくれますし、同じようにラインに来ているつなぎを着た修理工場のおっちゃん達も親切に教えてくれると思います。

無事ラインが通れば先ほど受付したカウンター横、(2)窓口で新しい車検証をもらい、すべて終了です。

追記:
1、必要書類のうち、紛失しやすい「納税証明」も支局敷地内の自動車会館1階で発行してくれます。ただしそこでの納付はできません。
2、あらかじめテスター屋で光軸とサイドスリップはチェックしておいたほうがいいでしょう。テスター屋は近所に二軒あります。


Produce by Tak34