”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4
Workshop 2&4 >> 各都道府県別情報 >> サイドカー車検の体験談

青鬼くんの長江750M1サイドカーの新規登録検査

ヤフオクで購入したS56年初年登録(S58年以降車検歴無)の長江750M1サイドカーの新規登録検査を香川運輸支局にしてきました。

このバイク、設計が1938年のBMW R71を基に中国でフルコピー生産されたものです。
そんなバイクなのでどこのバイク屋(10件ほど)も受け付けてもらえませんでした
そのためユーザー車検への道を選びました

私自身にも、はっきり言って車検が通らないかもと言う気持ちがありました。
特にネックは6V電装、DCジェネレーター発電という前世代の電装!
ですので電装を中心に整備して何とか乗れる状態にしまして車検場に持ち込みました。

事前に予約を取っていたのでユーザー車検窓口で確認、及び説明を受ける。
説明にもとずいて車検書類を作成し、窓口で書類点検してもらい指示を受ける。
なぜか大型車ライン(しかも入り口)で待機

検査官が車両各所の計測、打検、燈火類の点検
その後、大型ラインで各ブレーキ(サイドブレーキを含む)の計測
ラインから外れて出口で距離計を確認して検査確認印( ;^^)ヘ..
これで終わりとなりました

ヘッドライトの光軸光度検査、スピードメーターの検査はありませんでした
それから登録窓口で検査終了の書類を見せて指示をもらい
登録書類の作成、手数料納付、重量税納付して再度登録窓口へ
晴れてナンバー交付となりました


Produce by Tak34