”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

車検ビギナーさんの体験談

(このページは、車検後に見つけました。)
新車登録後、初車検でした。カーショップなど数店で車検見積もりを取ったところ、どこも、異常なしでこのまま車検は通るとのことだったので、それならば、費用が安くてすむユーザー車検にしようと思い、陸運局に行きました。

前回ユーザー車検したのは、10年前。その時も、何にも問題なく走行していたので、ユーザー車検をうけ、スムーズに合格したのでした。

ところが、今回は、先ず、ブレーキでもたつきました。何回やっても、×。
係りの人も、こんな新車で×はおかしいというような表情で、ラインを変えて検査。
でも、×。

新式のラインは全部×。
最後に、旧式のラインでようやく○。

しかし、問題は、ヘッドライトの光軸でした。
何回しても×。
ハイでもローでも×。
どうにもなりませんでした。

自分で調整しようとしましたが、当然、できっこありません。

すぐ、近くの、整備工場へ。4200円で、調整してもらいました。
うー、こんなことなら、はじめから、民間車検場でしてもらうんだったーと、悔しい思いをしました。



Produce by Tak34