”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

フク さんの軽四輪トッラクでの体験談

軽トラで初めての車検だしエンジンも調子いいから「前検査、後整備」でやろうと決めました。
朝の6時出発し、検査場には8時半頃つきました。(遠いんです)

8時45分に入場。しどろもどろながら何とか検査場までたどり着きました。
検査そのものは言われたとおりやっただけでした。

ただヘッドライトの検査で右側に×がつき、どうなるんだろうと思っていたら、案の定。不合格。
検査官のお兄さんは「ライトの光軸がずれています。修理してきてください。」どうしようと思いながら、とにかく修理だ、と近くのイエローハットで「光軸調整お願いします」
と言ったら、「うちはできません」私が「どこでやってもらえますか」「ディーラーならだいじょうぶだと思います」ということでディーラーを捜すため1時間ほど走り、やっと見つけ修理してもらいました。

「いくらですか」整備士のお兄さんは「ライト調整ですから、いりません」
えーコーヒーを出してもらった上にタダ!感謝感激しながら検査場へ。

再検査ではヘッドライトだけでしたが今回は○。真新しい車検証を手にし、しばし感慨にふけりました。お昼には『勝丼』を食べ合格を一人祝いました。

検査手数料としては1400円と用紙代45円。ガソリン代が1500円位で計3445円それに自賠責が22500円くらい、重量税が8800円。
合計が約34000円という格安なものでした。予算が5万円だったので残ったお金でデフオイル交換。ミッションオイル交換。クーラント交換。
ブレーキ液交換を約16000円で行えました。ユーザー車検万歳。


Produce by Tak34