”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

8818さんの鹿児島運輸支局でのユーザー車検体験

2009年6月鹿児島運輸支局にて車検を受けてまいりました。

初めてのユーザー車検でしたが窓口の方、検査員の方が親切丁寧に教えてくれましたので、戸惑うことなく無事車検を通すことができました。

まず、用紙を購入(60円)し、重量税(5000円)・検査印紙(1700円)を購入。記入後ラインに並び空いていたためか10分もかからず検査終了。

検査の手順は、スピードメーター→前ブレーキ→後ブレーキ→ライト→マフラー→ハンマー検査の順でした。

前日に払った自賠責が13400円
合計金額20160円で車検を通すことができました。

車検後に整備し、部品代(ブレーキパッド等)とあわせても25000円かかりませんでした。
いままで倍近いお金を払って車検に出していたのに…

これからは自分で車検受けようと思いました。

初めてのユーザー車検(XJR1300)さんの鹿児島運輸支局での体験談

H22.10.4初めてバイクのユーザー車検(鹿児島運輸支局)に行ってきました。事前に音声ガイダンスに従い電話予約して,1ラウンド目に(AM9時受付開始)受検しました。

しかし,ここで人生初の大失態を演じました。いざ検査官に書類を渡すとき突然バランスを崩して,なっなんと立ちゴケしちゃいました。

バイク購入以来1度も立ちゴケしたことのない自分が・・・まさに悪夢でした。(なぜ,大事な本番で・・・)左ウィンカーが壊れてしまいました。絶望的です!

でも,ここで諦めては死んでも死にきれない思いで・・・近くのコンビニ捜して瞬間接着剤とセロテープで応急修理し,なんとか再チャレンジできました!

検査官の方は,隅々までとても厳格に検査されました。
でも,これまでいろんなサイトでチェックしておいたおかげで,全て1回でクリアできました。立ちゴケのショックから一転,最高の気分でした。

また2年後も頑張ってチャレンジします。




Produce by Tak34