”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

WARA さんの神奈川陸運支局での初めてのユーザー車検


2005,09,09 神奈川陸運支局
こちらのサイトを熟読し、初めてのユーザー車検に挑戦しました。

昨年中古で入手した12年落ちのゼファー750、購入時にショップでしっかり整備したので、今回は特に何もせず車検を受けました。
走行距離だけ合わせて適当に記入した点検整備記録簿。いつもの保険屋さんで自賠責。納税証明書、印鑑を忘れずに!

心配な点は、バンデット400のステーを流用したシビエヘッドライト(自己整備)。前夜、大型スーパーの屋上駐車場のラインと壁で(裏技?)調整、だめなら整備工場の覚悟で行きました。

申請書に記入し、ユーザー車検窓口で受付完了から、いよいよラインへ。
手前には、すでに20台位並んでました。10分程で係員さんが来て、書類を渡し検査開始。実はハンドル、Fブレーキマスターを交換(自己整備)し、幅も高さも大幅に変わっていたので本来なら構造変更が必要。

ライト上下、ウィンカー左右、ブレーキランプ前後(ホーン無し)。エンジン、車体番号確認でOK!係員さんは忙しそうに次のバイクへ。「とりあえず継続車検で、指摘されたらそれなりに?」作戦成功しました。

11時を過ぎ午前中に終わら無いと見たのか、となりの車のラインでもバイク検査を開始。そのせいか一気に自分の番になり「初めてです。」と申し出たらバイク専用ラインに。スピード、前後ブレーキ検査OK!問題の光軸もなぜか一発OK!バイクを進め、左側の小屋で書類にハンコを頂き検査完了となりました。所要時間は、約1時間でした。(点検整備記録簿は最後まで、細かくチェックされませんでした)
 
  車検代総額 26.050円
           自賠責 24月 19.620円
           重量税     5.000円
           印紙代     1.400円
           用紙代      30円

実にあっけない車検合格。車検と整備は別物!整備は自己責任と痛感しました。バイクをいじるのが好きで平日に時間が取れる人は、挑戦されてはいかがでしょう。経済効果絶大です。

もしも維持費の為だけに軽二輪に乗っているのなら、車検は自賠責+6.430円で取れます。整備代は排気量に関わり無く必要な訳ですから。


Produce by Tak34