”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

BBさんの長野でのバイクのユーザー車検

このHPを見て、先日愛機CBR1100XXのユーザー車検を、長野車検場で受けました。結論は「あらっ簡単」でした。
しかし、やはり「光軸」で落とされ、近くのバイク屋で「3000円!!!」
で、調整してもらいました。以前家の近所で1000円だったのに・・・

皆さん、フルカウルバイクで、一度でもカウルを外した事がある方は、事前に近所のお店で、光軸調整をした方がいいと思います。
最後に、このHPの作者の方に、感謝したいと思います、自分の体験談を友達に話た所、ユーザー車検が増えそうです。皆さんくれぐれも、ユーザーで浮かせたお金を、キチンと整備に使いましょうね。

GB乗りさんの松本(長野県)での検査

昨日(02/10/11)、大学の後輩と一緒にユーザー車検を受けました。場所は松本(長野県)の検査所です。

最初のミス 
 自賠責は車検当日がまだ有効期限内でも、新しく24ヶ月分を前もって入らなけ ればいけないらしい。
 各種書類は自動車重量税納付書の一部分を除いて、すべてボールペンで書くこと。
 この2つのミスにより30分以上、時間を無駄にしてしまった。

車両検査の実施
 検査自体はとても簡単です。前にいたバイク屋さん(刀400)は3〜4分位で 車検に合格してました。
 検査官のおっちゃんはとても親切でした。前日まで心配していて損しました。

最後に
 松本には二輪車のテスター屋さんはたぶんありません。(インターネットや電話帳で調べたり、知人に聞きましたが。)
 近くにあるレッドバロン松本店にはテスターはありますが、レッドバロンでバイクを購入していなければ、整備はしてくれません。別途、会員登録が必要です。(入会費:2万円、ちなみに光軸調整は1470円です。) 
 ライト検査はエンジンの回転数を若干あげ、シートには座らずただ跨っていた方が良いらしいです。

 この文章を読んで参考になればうれしいです。
 では、ユーザー車検、頑張ってください。


Produce by Tak34