”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

ほのたか さんの体験談 

2007年5月25日(金)ハーレーの車検行ってきました。

まず6番窓口で自動車審査結果通知書を貰います、7番窓口で自動車重量税納付書・自動車重量税印紙5000円・手数料1400円印紙・継続検査申請書3号(30円)を購入後記入(判らなかったら思い切って隣の人に聞く)及び、印紙を貼る、その後6番に提出。(約5分位で終了)

審査終了後、検査場へ検査官が親切にライト・ウィンカー・ホーン等指示してくれます。

ラインのやり方が判らなかったら検査官にサポートお願いしますと言えば一緒に行ってくれます(すごく助かった)ライトで2回駄目でしたが別ラインでOKが出てホット!!です。

とても親切でした。最後に5番窓口に書類を提出、2〜3分後に車検証発行され無事車検終了でした。
最初から最後まで親切丁寧でたすかりました。

jinさんのユーザー車検の体験談


今回2回目のユーザー車検を受けてきました!
バイクは94年式XJR1200です。

前回もこのWorkshopさんで勉強してから車検を受けに行きましたが、今回も前回同様に復習してから検査場に向かいました。

まず、前回と違ったのは2年前はBSテスターが故障中だったので、ほんとに簡単に検査が終わってしまいましたが、今回はBSテスターを体験しました!

そこで失敗が・・

一回目の検査で 
スピード ○
ブレーキ ×
光軸   ×

となってしまいました・・

とりあえず・・光軸は検査官に「左向いてるよ」って言われたので取り合えず駐車場でヘッドライトを手で押してみました!
ブレーキはよくわからなかったので・・何もせずに2度目の検査へ。

再検査は・・暇そうな係り員さんが再検査のボタンを押してくれました。
(私が何回もボタンを押したから?? 前の人がレコーダーを通さないと押せないらしい)

で・ブレーキテスト

前ブレーキ 終わる
後ブレーキ・・あれ? さっきとスイッチの踏む感じがちがう・・踏みやすい。 どうやら一回目の検査は後輪がテスタにちゃんと乗ってなかったみたいです・・(汗

ブレーキ ○ をもらう。

光軸 取り合えず・・車体まっすぐ・・ハンドルおもいっきり右に切りながら3回転!

光軸 ○
・・すべて終わりました。

今回はマフラーの検査機器による音量検査もあり・・少し不安になりましたがノジマのチタンでも合格しました!(結構 うるさいけど 大丈夫なのねw)

私の前の方が光軸で何度もラインに入ってましたが・・合格されたのでしょうか? 心配です。

まぁ なにわともあれ・・ 無事に終了できたのはここで予習ができたおかげだと思っております!

ありがとうございました!





Produce by Tak34