”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

困ったくんの東京都足立車検場でのはじめてのユーザー車検

2000年,ゴールデンウィーク前に東京都足立車検場ではじめてのユーザー車検(GPZ900R)を受けてきました。

初めに見学に行きましたが、人の多さに圧倒されました。バイクの置き場にも困ったくらいです。
ユーザー車検の窓口は事務所の外れの奥の目立たない所にあり、そこで予約説明を受けました。
実際に現場を見に行きましたが、ちょうどビラーゴが検査を受けていたので、それを見ながら検査官が親切に説明してくれました。
別棟で申請書類を買い、記入しているうちに記載事項変更(住所変更)届けが必要なことが判り、この日はそれで終了し、後日住民票を持ってまた車検場へ...。

予約日当日、印紙を買って受付ですべての書類のチェックをうけ、検査場1へ向かう。
初めにLO,HIビーム、ウインカー、ホーン動作チェックとハンマーでガタチェック、車体番号チェック。次にローラーにタイヤを乗せてブレーキチェック、フロントのブレーキングが弱すぎ×が点灯した。リアは○。この検査は無人で行った。最後にHIビームでボーとしていると検査機が出てきて光軸検査、○。

「もう一回やるか」と思っていると総合判定で「事務所へ行って下さい」と言われ、あんなにあったすべての書類が無くなり、新しい車検証とステッカーだけ渡され、あっさり終了。
暑さもあってどっと汗が出る。

<総費用>
 1.自賠責・・・・・・・・・・・・・22900円(24ヶ月)
 2.車検(印紙)・・・・・・・・・ 6400円
 3.住民票(住所変更)・・・  300円
 4.書類代・・・・・・・・・・・・・   90円
 5.点検簿・・・・・・・・・・・・・  160円(結局、不要だった)
               計 29850円+6800円(オイル交換)
<時間>
 1.あちこち回った時間・・  3日
 2.検査・・・・・・・・・・・・・・  10分(笑)

今回は手際が悪く、準備に時間がかかってしまいましたが、次回は半日あれば出来ますね。


Produce by Tak34