”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

くまひげ さんの八王子検査所でのユーザー車検

2016年8月8日

シャドウスラッシャー

八王子 3ラウンド

前もって光軸だけは左入の交差点の所の和田自動車整備工場で済ませておいた。

A棟の7番窓口 12:45受付

B棟の1コース 13:00検査開始 

前に新規登録のトラックが3台いて4台目

中まで誘導されて書類を渡す。

『検査の為、バイクを触ってもいいですか?』ととても丁寧な感じで聞かれました。
見た目がいかついからかな(笑)

『だめ』なんていう人がいるのだろうか?

もちろん『どうぞ、お願いします』と答えました。

外装、電装チェック後、テスタに前輪を合わせる。

このとき排ガス検査もされてました。

足元のスイッチを踏みメーターチェック

そのまま前ブレーキチェック

後ブレーキ検査のために少し前進してリアタイヤをテスタに合わせる。

何故かリアとフロントブレーキを両方同時に掛けるように言われる。

ブレーキテストが終わると5メートルほど前進して光軸テスト

書類を受け取り、バイクをラインの外に移動してから、2と3の間の検査の窓口に書類をだす。
ものの10秒ほどでその書類を受け取り

A棟の6番窓口へ

6番窓口。
『スミマセン』と声をかけると他の職員さんが『検査終わりましたか』と声をかけてきて窓口のカウンターに並んでいた番号札をよこしました。

※番号のついたクリップで番号札がとめてある。

本来は勝手に番号札を取り、書類を挟み、カウンターに並べ、番号札をもって椅子で待つという手順のようです。

すぐに呼ばれ新しいシールをもらい15:15に終了

検査自体は7分位だった。

重量税印紙代     4600円

車検手数料      1700円

書類代          20円

自賠責保険24ヶ月 13640円

光軸調整       1080円


合計        21040円




Produce by Tak34