”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

XR650Rさんの千葉県袖ヶ浦陸運支局での体験談

このページの光軸調整を参考に二輪車のユーザー車検を通しました。
ありがとうございました。

光軸を調整した時は真昼間で黒い壁にあてても5mはなれるとどこが中心かさっぱりわかりませんでした。
しかしライトを見つめ顔を上下するとレンズ上側と下側が同時に光るところが光軸の中心に違いないと思い、その時の目の高さを5mは離れてライトの高さの95%に合わせて検査に望みました。

検査は千葉県袖ヶ浦陸運支局に2004/2/25に受けました。
予約は2/23に電話受付で取れました。

当日は書類申請のあと、二輪車は新規登録と同じレーンのため、消防車やらダンプやらと一緒に40分くらい待ちました。
聞いた話だと朝一番は混むけど11時位とか午後は空いているそうです。

テスター待ちの間にウインカ、尾灯、ヘッドライト、ホーンの検査され、そのあとテスターです。
テスターの項目は前後ブレーキと光量&軸だけです。速度はありません。

しめて\24,870です。

また当日、レーンを教えてくれ、ブレーキ検査の乗る位置を間違え後ろに戻すのに手伝ってくれた方、ありがとうございました。お礼できずじまいですいません。


Produce by Tak34