”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

やすさんのユーザー車検体験

こちらで他の方の経験談も参考にさせていただき、2009年8月無事ユーザー車検に合格しました。

野田検査場入り口近くのテスター屋で光軸調整を依頼、左右共かなりずれていました。
この後、受付を済ませ検査ラインへ。目視検査の後、スピードメーター、前後ブレーキ、光軸、排ガスと検査を行ないました。

スピードメーターの検査では、指示に従って前輪を検査台に乗せるも一向にスピードメーターは動作せず。後ろの業者さんから、このバイクは後輪でスピードメーターの信号を拾っているとの指摘を受けやり直しました。業者さんのアドバイスでは、40kmに達する直前にスイッチを離すと良いとのことでした。

光軸は2灯式の場合、片眼ごとの検査になるので覆い隠す厚紙とガムテープを準備しておくと良いです。

最後の排ガス検査を終えたら検査ライン出口の窓口に行って確認印を貰い検査は終了です。

書類の記入時間を含めても1時間もかからず更新手続き完了です。費用は光軸調整を含め21,700円でした。




Produce by Tak34