”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

taka さんの千葉運輸支局での初めてのユーザー車検

千葉運輸支局での、バイクも自分も初めてのユーザー車検です。

ユーザー車検慣れした友人がいたおかげで、書類は事前に用意してすべて書き込んできました。
又、事前にネットで予約も済ませ当日を待つばかり。

不安だったのは、初めて行くので最初に何処の窓口に行くか、その後どうするかという事、新車購入後初の車検だけれど光軸は大丈夫か、以上2点のみ。

まずは必要書類、車検証などを持ち、白い建物の6番窓口に。
受付のお姉さんに、全く初めての車検という事を言うと手順を丁寧に教えてくれます。

書類のチェックが終わったら、別棟の「ナンバーセンター」に入り重量税等の収入印紙を貼って貰い、1番レーンにバイクを持って行きます。

検査自体もお兄さんに初めてだというと、手取り足取り教えてくれるので、全く問題ないはずです。

ウインカー出して〜、ブレーキ握って〜、とか全部指示を出してくれます。

気になっていた光軸も全く問題なく通過。排ガス検査を終えて検査終了です。

検査終了後、一度バイクを邪魔にならない所に持って行き、ライン右側の小屋にいる検査官の方に、検査終了のはんこを貰ってから最初の書類を渡した6番窓口に書類を持って行きユーザー車検終了です。

自分は検査終了のはんこを貰う場所が分からず、グルッと一回りしてしまいました。
車検自体は9時に受け付け開始で30分後にはすべて終わっていました。

日常点検さえ自分でやっているのなら、ユーザー車検安くて良いですね。





Produce by Tak34