”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

二児のパパさんの久留米陸運事務局での2週連続のユーザー車検

■福岡運輸支局でのバイクユーザー車検

本日(2009年2月4日)にバイクユーザー車検(Kawasaki Versys)を受け無事合格しました。
一番、心配していた光軸検査も全く問題なく、実質10分程度で終了しました。

車検の予約とか申請書類の準備等は、職員の方が丁寧に説明してくれました。

また、実際の検査も、検査官が横についてくれて、
「はい、前ブレーキかけて。」
「はい、ギアのニュートラルにして。」
とか親切に教えてくれましたので、安心できます。

想像以上に簡単ですので、皆さんもチャレンジする事をオススメします

のんきちさんの久留米検査登録事務所での体験談

平成21年3月12日(木)に久留米検査登録事務所にてバイク(GPZ900R)のユーザー車検をしてきました。

車検の有効期間を勘違いしていてまだ余裕があると思っていたら、4月7日まで。それまでの期間に平日の休みが自由になるの12日のみ。

じっくりと整備する余裕はなかったのですが、普段乗っていて特に気になるところもないと言うことで、二日前に予約して慌ただしくユーザ車検初体験をすることとなりました。

それでも乗りっぱなしはあんまりなので記録簿に沿って可能なところは点検を実施しました。それと洗車も…
灯火類は問題なし。ホーンも鳴るし、気になることと言えば光軸ぐらいだったと思います。多少オイルのにじみがありましたが、アンダーカウルで隠れてしまい目立たないので、念のため拭き上げましたがそのままで受検する事にしました。

予約は2ラウンドだったので、子供を保育園に送ってから一息ついて出発!
こちらの経験談の情報から真っ先にノゾエ自動車さんに直行!

念のため前日に、光軸調整をしていただけるかを電話で確認ずみ。
丁寧に調整していただき、受検時のアドバイスまでいただきました。「不合格だったらまた持っておいで」と心強いお言葉。一気に気分が楽になりました。

あとは書類購入、自賠責更新、受付とその都度次にする事を教えていただけたので、悩むことなく事前の手続きは終了。
時間は10時15分…ちょうど休憩時間ですが早々とコースへ移動しました。こちらの情報でバイクはDSコースとわかっていましたが、念のため受付で確認しました。

検査場入り口には車はいっぱい行列を作っていましたが、バイクは一人…
暇だったので最後の仕上げにオイルのにじみを拭き拭きしておきました。

10時半になると検査官登場!!気がつくと赤男爵の方が二人後ろに並んでいました。まずは外観検査…ライト上下・前側左右ウインカー・ホーン・後側左右ウインカー・ブレーキランプと手際よく進んでいきます。
それからハンマーでボルトのゆるみをチェック。

すべて問題なしだったので、いよいよコースへ…
「やり方はわかりますか?」と聞かれたので「初めてなのでわかりません」って言っておきました。すると検査中はずっとそばに来て指示をしてくれました。久留米は2台同時に検査するので赤男爵の方と一緒に検査です。

まずはフロントブレーキ…はなす・ふむの合図通りにするだけ
リアブレーキも同様。ここまでは特に問題なし。
事前の情報通りスピードメータの検査はなかったです。

いよいよ問題の光軸検査…「フロントブレーキをかけてサスがストロークした状態で止まると光軸が狂うから、リアブレーキだけを使ってじわっと止まるように」というノゾエ自動車さんのアドバイスをしっかり守り、停止。
停止位置は検査員さんが細かく指示してくれました。
結果はもちろん合格

隣の赤男爵さんは新しいバイクだったので排ガス検査もしていましたが、18年落ちの私のニンジャは対象外。
最後に確認のはんこをもらってすべて終了!!

3番窓口に書類を提出してしばらくすると新しい車検証がもらえました。
光軸調整から車検証発行までの時間は約1時間。検査員の休憩時間が15分ほどあったので実際にかかった時間は40分少々
すべての関係者が親切に対応してくれるので悩むこともなく拍子抜けするほどあっという間に終わってしまいました。

かかった費用は
  • 申請書類…20円(定期点検記録簿無し)
  • 重量税……5000円
  • 自賠責保険料(24ヶ月)…13400円
  • 検査にかかる手数料…1700円
  • 光軸調整料…1000円
  • 合計…21120円!!

今までは車検があってお金がかかるから250cc以下でいいやって思ったこともあったけれど、ユーザー車検をするなら自賠責の保険期間にもよるけどその差は10000円もないかも…
車検がない250cc以下のバイクも、ユーザー車検をするバイクも自己責任できっちり整備をしなくちゃいけない点も変わらないし。

とにかく楽しい1日を過ごさせていただきました。浮いたお金で腰痛対策にバーハンにでもしようかな?そうすると今度は構造変更にチャレンジしなくては…
その前にオイルのにじみの対策が先でした。

皆さんが言うとおり久留米はみんな親切です。
一度自分でチャレンジしてみたらどうでしょう?
想像しているより簡単ですよ!



Produce by Tak34