”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

funky さんのスクーターユーザー車検

2011.5.9 
スカイウェイブ400(CK44)で初めての車検に行きました。

光軸だけ心配でしたので、神戸テスターにて調整、(HIDを入れてましたが車検のため純正ハロゲンに戻しました。)
(車では10回以上ユーザー車検を経験してますが、初めての車検でも光軸だけは、新車時に調整していないのか、今までに何度か落ちたことがありますので・・・)

スクーター両目点灯でしたので、(スピードセンサー後輪)試験管に教わり
まずは前輪のブレーキテストOK、次に後輪をスピードセンサーに載せて試験するも、後輪が回転してもメーターが上がりません?
結果、エンジンを掛けて再テストOK(メインスイッチをONにした状態でないとメーターが動作しません)

光軸は両目で、右側NG 左側OKでした。
これはどちらか片方がOKだとパスしました。

最後にマフラーですが、SP忠男のTD1に交換していましたが、JMCA認定のカードを持ってきていましたので、タカをくくっていたら、なんと排気ガス試験
成績表なるものの提示を求められました!!
カードは、音量のみの認定書で排ガスにはその書類が必要だとか・・!!
CO2のテストはOKでも、成績表がないとNGなので一度、家に帰りSP忠男の連絡先を調べ、電話すると「FAXで送りますよぉ〜」(無料)とラッキー!!
A4用紙5枚分のFAXを頂、再度検査場へ・・・
もう一度、ラインにいる試験管に提示するだけで、即OKでした。

スクーターの車検時と、マフラーを交換されている方は参考にして下さい。



Produce by Tak34