”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

'91 FXSTC さんの群馬の陸運支局でのユーザー車検チャレンジ

2006年12月27日 群馬の陸運支局にて、FXSTCの車検を通してきました。
初めてのユーザー車検チャレンジだったのですが、こちらのHPを参考にさせていただき、問題なく継続検査を終了することができました。
ありがとうございました。

ほとんどBさんの車検談でOKでしたが、これからの人のためにと、少し気になったところを書かせていただきます。

まず、車体寸法を正確に測定され、構造変更を余儀なくされました。
↑当たり前なのですが・・・。

ハンドルなど変えている方・フォークを変更した方は、3号のOCR用紙を購入せずに、最初から2号(構造変更用検査申請書)を購入されたほうがよろしいかと思います。

また、今年の9月に購入した車両なので、自動車税が支払われているかどうかわからなかったのですが、市役所に行って証明書(無料)をもらっていったらOKでした。

私の前にショベルとスポーツスターが検査を受けておりましたが、ショベルは結構な爆音でしたがOK。
フロントフェンダーなしもOKなんですね。

ちょっとお話をさせていただきましたが、感じのよい業者さん(藤岡のS&○?)で、いろいろ教えていただきました。リヤのリフレクターは、極力小さいタイプをつけていったのですが、検査員は定規を当てて、面積をしっかり測定しておりました。
もちろん合格でしたが。


自賠責25ヶ月とって、臨時運行(仮ナンバー)で行きましたが、本日の費用は重量税5000円と、検査料1400円、2号のOCR21円のみで車検終了でした。

いろいろ参考にさせていただき、ありがとうございました。



Produce by Tak34