”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

すな さんの兵庫陸運支局での二輪車検

会社を休んで初めてのユーザー車検に行ってきました。(平成16年10月)
近畿運輸局 兵庫陸運支局(神戸)です。

乗っているバイクはスカイウエイブ400です。
時間がなく、下見ができず、ぶっつけ本番で望みました。
書類や自賠責などを手に入れるのは、4輪の情報のTETSUさんの経験を見ていたのでわかりやすかったです。

車検と住所変更などの手続きの場所が違うのがわかりにくかったです。
車検は入って左側の狭いところだけです。(他には行く必要はありません)

ユーザ車検の窓口は3番。座っていた人はとても親切でした。
点検は後でします。といって今回の検査には問題はありませんでした。
ユーザー車検のビデオ(DVD)は2輪もありました。
神戸の2輪のラインは一番右側です。

一番最初に外観検査。スクーターでしたのであんまりたたかれませんでした。
テスターの上に乗って、スピード、ブレーキは問題なし。
ライトは2灯式でしたが、係りの人がカバーをつけてくれました。
でも右側のライトが不良。ぎりぎりでアウトだったようでした。

あーあ。と思っていてどっち向きに直せばいいか聞こうとしたらあとでほんの少し下げることを条件におまけでOKでした。
排気ガスの検査も終わり、はんこをもらってユーザ車検の受付(3番)の隣の2番に書類を渡して3分くらい待てば、新しい車検証とステッカーをもらえました。

もっと厳しいのかと思っていたら、係りの人たちは意外なくらい親切であっという間に終わってしまいました。
また受けたいと思っています。


Produce by Tak34