”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

寅 さんの宮城陸運支局でのユーザー車検

平成23年5月16日に宮城陸運支局でユーザー車検を受けてきました、
大まかな流れをまとめてみましたのでご参考になれば幸いです。

■ 準備したもの

・ 車検証
・ 納税証明書(毎年5月に市町村へ納めるもの)
・ 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
・ 定期点検記録簿(自分で作成orバイク店に依頼)
国土交通省自動車検査法人HPでアカウント作成&予約
  <https://www.yoyaku.navi.go.jp/pc/reservationTop.do>
  (予約時に発行される『予約番号』が当日必要になります)
・ 印鑑
・ お金

■検査当日の流れ

(1) 近隣の予備車検場で光軸調整
(2) 宮城陸運支局へ移動

(3) 4輪の大行列を気にせず左奥の「2輪検査コース」前に駐車
 (場所が分からない人は誘導の人に聞きましょう)

(4) バイクを置いて入口脇の建物へ
 (ここで走行距離のメモを忘れずに)

(5) 7番窓口で、『2輪のユーザー車検(継続検査)です、必要書類と印紙を下さい』と言うと、
「検査表」「自動車重量税納付書」「検査申請書(OCRシート)」「印紙」を売ってくれます。
 (印紙はその場で所定用紙に貼りましょう)

(6) 必要事項を窓側のテーブルで記入
 (ここで「インターネットの予約番号」及び「走行距離」が必要になります)

(7) いったん建物を出て、今度は「交通会館」(右奥の建物)に移動、ここで「自賠責(24ヶ月)」に加入。

(8) また最初の建物に戻って、「6番窓口」で検査受付
 (カウンターで発行してる整理券が必要です)

(9) 2輪検査コース前にいる担当官に必要書類を渡して「検査開始」
〜 検査 〜

(10) 合格したら機械スタンプしてもらって、「5番窓口」に書類提出

(11) 車検証発行

※書類の揃え方等々、詳しくはカウンターに置いてある「ユーザー車検(継続検査)の流れ」に書いてあります。

※検査コース前にヘルメット置き場がありますが、初めての人は2輪であることをアピールするためにヘルメット持ってたほうが良いかもしれません。(笑)

※検査の順番は「バイクの並び順」ではなく「検査官に書類を渡した順」のようです。

■掛かった費用

  • 光軸調整代 : 800円(楠自動車)
  • OCRシート : 25円
  • 審査証紙 : 1,700円
  • 重量税印紙 : 4,400円
  • 自賠責(24ヶ月) : 14,110円
合計 :21,035円

■感想

難しい検査があるのかと緊張してたら拍子抜けする程あっさり。
検査官も親切&さばけた雰囲気で居心地良かったです(笑)
どうやら月末は混雑するようなので、早めに行く事をお勧めします。



Produce by Tak34