”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

FLH80さんの松本自動車検査登録事務所でのユーザー車検

2015年5月に松本自動車検査登録事務所で車検を受けました。

3ラウンドを予約し、初めてだったので11時過ぎに到着。
書類関係は担当の人が親切に説明してくれたのですぐに受付完了しました。

「空いてるのでもうラインに行ってください」と言われ、すぐに検査を受けることができました。
ラインでも係りの人が親切に教えてくれましたのでスムーズに進行しました。

しかし、尾灯と光軸で不適合。。

光軸は覚悟していたけど、尾灯についてはブレーキランプばっかりチェックしていたので盲点でした。

すぐにアルピコ自工に駆け込み、光軸のチェック&調整をして、ダメ元で電球も相談したところ、なんと在庫がありその場で交換することができました。

これらの所要時間、わずか10分!さすがです!

で、午後一に再検査。ここで再検査ボタンを押さずにラインに侵入してしまい、係りの人や後続の方に迷惑をかけてしまいましたが、なんとか合格することができました。

久々に達成感を感じた一日でした。

光軸は係りの人が方向とズレ量を教えてくれます。

アルピコ自工のテスターは検査モニタもその場で見せてくれて、ズレ量がリアルタイムでわかります。調整費用は1080円。

ライトが下を向いていたので、上に調整。また、僕のバイクはフロントサスの戻り位置がバラバラなので、そのたびに光軸が上下します。

再検査の時には、ハンドルを引っ張り上げてから光軸検査に臨みました。

このようなクセみたいなのもテスターでわかるので非常に助かりました。

周りの方々、アルピコ自工や本Webサイトに感謝感謝です。



Produce by Tak34