”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

santa さんのユーザー車検体験

2005年6月、はじめて750S1カタナのユーザー車検に行って来ました
行く前は、マフラー換えてあるし、足回りも前後交換してあるので、だいじょうぶかなぁ〜 って感じでした

書類提出場所等わからなかったんですが、職員の人に聞くと「8番の窓口に行って下さい」
って感じでみなさんわりと親切に教えてくれたので、スムーズにできました

でっ 検査ですが、

まず、外観検査です
「はい、エンジンかけてください」
「ライト点けてー、ホーン鳴らして」「はいウインカー右、左」
「じゃ後ろですね、はい、ウインカー右、左」「ブレーキ前、後ろ」
「はーい、OKですね」「じゃあ、ちょっとたたきますね」

Fアクスル、ブレーキ、ステップ、スイングアーム、Rアクスル…ぐらいだったかなをたたいて「はい、いいですよ〜」
って、ハンドル幅とか、車高とかいいの?
マフラーもこれでいいの?
って思ったんですが、もうこれで外観検査は終了のようで、ラインのほうへ行くように言われました

ライン検査

係員の人に、「初めてなんで…」と言ったら
ずっと「じゃ、ここまで進んでください」とか

ブレーキテストも
「はい、ブレーキかけて下さい」
って感じでずっと横で指示してくれてスムーズにいきました

一番問題のライトですが19インチから17インチにフロントを変えてあるので
当然、光軸はずれてるんです

家の壁に光を当てて、調整はしましたが
まぁ、こんなもんかなぁ〜 って感じでの調整なのでどうかと思ったんですが

一発OK…ラッキーでした

と言った感じであっけなく終了しました

最後に窓口で、車検証と検査標章もらっても
ほんとにこれで終わりなのかなぁ〜って感じでした


Produce by Tak34