”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

zx10@1988さんの佐野の運輸支局でのユーザー車検体験談


はじめまして、
ふと、拝見した、「Workshop 2&4:バイク・ユーザー車検」
色々と詳しくユーザー車検のことが書かれていて、大変役に立ちました。

同じ栃木県の 青い稲妻 さんの「ユーザー車検に初挑戦」は、佐野の運輸支局の様子がよくわかり、こちらも、大変貴重でした。

申し遅れましたが、私は、(2007年)6月5日に佐野支局で、ユーザー車検を無事取ることが出来ました。
これも、当サイトの管理人さんと、栃木県で寄稿された皆様のおかげです。
感謝しております。

感想を述べさせて頂きますと、

自分でも佐野に下調べにいきましたので、事前の準備は OK でした。
受付の方は非常に親切で丁寧でした。書類の準備が終わり、検査になりました。

今日だけなのか??
わからなければ、検査現場に行って待っていてください。
といわれました。

検査官と対面し、正直に「インターネットで調べてきましたが、やり方は自身ありません。」といいましたところ、

検査官がスピードメーター検査で 少々やり方のアドバイス??をしてくれましたので、ある種、感動でした。
(滋賀県の陸運局さんより、少し?優しいようです。)

もちろん、同検査は ○ (まる:合格)でした。

前輪のブレーキ、後輪のブレーキ と1発でそれぞれ ○ (まる:合格)をいただきました。

次の光軸テストでは、スイッチを HI にして 4000 回転位で受けていましたが、1回目 × (ばつ、NG)

2回目は、「どうかパスできますように!!」 と、気合と、祈り の両方で、多分 5000 回転 以上まわして、、、、、

 ○ (まる:合格)が、電工掲示板に出たときは、「やったーーー!!!」 という感じでした。

こちらのサイトで色々調べていったのに、本番はかなりあがってしまった様です。

でも、佐野支局の方は、皆さん親切な方で良かったです。

私が車検用に準備したもの(事):


光軸は特に狂っていないと考えていましたが、念のため、

1.光軸調整が必要な場合を考えて、テスター屋さんの所在
   ( 佐野支局のすぐそばの、いなばテスターさんというお店が安くて、面倒見がいいようです。と聞きました。)

2.光量が少ない場合の バルブ交換を考えて、バイク(ZX-10 1988年車)   のバルブをおいてあるお店( 小山のレットバロンさん)と、
  工具 (10mmのボックス、延長バー、と それを回すもの)

注意:

同一性の確認、外観検査、では、私は、事前に、オイル交換等で付着していた余計なオイル等を、クリーニングし、バイクをきれいにしておいたので、全く問題ないでしたが、、、
検査官はエンジンの周辺をかなり見ていたように思えました。 

ご参考までに、
車検にかかった費用

自賠責 24ヶ月 20、240円
重量税       5、000円
手数料       1、400円
書類代         40円
合計       26、680円


整備に関しては、整備をしていなくても、車検は通るらしいとの情報を得ていましたが、
ご近所でバイクに詳しい Sさんに見ていただきながら、わかるところはすべて自分でやりました。

当サイトの管理人様と、栃木県で車検を受けられ、記事を投稿してくださった皆様、そして隣人の Sさんに、厚く御礼申し上げます。

「ありがとうございました。」  ^^

                            zx10@1988


Produce by Tak34