”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

V5さんの栃木陸運支局での体験談

2007年10月10日にユーザー車検を栃木陸運支局にて無事済ませることが出来ました。
このHPを参考にさせていただき、スムーズに検査を通すことが出来ました。

ZEPHYR1100 2005年製(初回車検)で社外品マフラー装着での受験です。

光軸関しては、以前に転倒をして、ライトASSYを自分で交換しましたので、大事をとって車検前にテスター屋さんに直行しました。
案の定、光軸はあっち向いてホイの状態でした!!

2000円掛かりました。私みたいな一見さん(ユーザー車検)は少々割高のようです。が不合格で二回三回と受験するのに比べれば安いものだと思います。

手続き等は、前記されている方々と同じでなんら変わりは有りませんでした。どこの係りの方もとても親切でした。
検査ラインでも初めての旨を告げると、最後まで付きっきりで操作に立ち会ってくださいました。

私のバイクは、排ガス規制、騒音規制共に対象車です。社外マフラーもそれに準じて対応品でしたので、そのまま受験しました。
CO・HCは測定するものと思っていましたが、排気音測定も最後にしっかり測定されました。耳で聞いての判断と思っていましたので、自分のマフラーが対応品とは判っていても少しあせりました(汗)

排気音測定は、音がこもらない(多分)ように検査ラインブースの外にバイクを停めさせられます。そして測定器をマフラーの出口から斜め45度50cm位後方に設置し、最大回転数の半分までニュートラで回転をあげていくように指示されます。

私のバイクは4000回転まで回すように指示されました。
検査官の方が、最後に測定値を見せてくださいましたが、規定値94dbで測定値93.6dbで合格でした。対応品(JMCA認定品)とはいえ、かなりギリギリの値なので、経年後(次回車検)はどうなのかちょっと心配です。

自賠責保険 20.240円
重量税    5.000円
検査手数料  1.400円
光軸調整料  2.000円
書類代     40円

車検総計  28.680円

以上参考になれば幸いです。




Produce by Tak34