”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4
Workshop 2&4 >> ユーザー車検 >> 検査終了

検査終了

検査ラインで、検査官の総合判定で合格となれば、「自動車検査票」の「最終合格印」の欄に判子を押してくれますので、判子をもらったら、窓口へ行って新しい車検証の発行を受けます。

検査の窓口では次の書類を提出します。
  • 自動車検査票・印紙
  • 車検証
  • 重量税納付書・印紙
  • 継続検査申請書
これらの書類を提出して5分ほど待てば、車検証の有効期間の更新(下の新しい車検証を発行)と検査標証(有効期限の書かれたステッカー)を発行してくれます。
自動車検査証
それらを受け取ったらうかれてすぐに出てしまってはいけません。嬉しい気持ちは抑え、冷静に受け取った車検証に間違いがないか確認しましょう。間違いがある場合は、この場で言わないと、後日申し出た場合は、変更手続きをすることになってしまいます(自分が間違っていなくてもね)。

最後に、バイクはナンバープレートに貼ってある古い検査標証をはがし、今発行してもらった新しい検査標証と取り替えましょう。後でやろうと思っていてもすぐに忘れますからね。

これであなたのユーザー車検は無事終わりました。お疲れさまでした。
なお、検査に不合格になった場合は、次のページを参考にしてください。
<< INDEX
検査が不合格の場合 >>

Copyright (C) 1998-2016 All Rights Reserved by Tak34