”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4

車検に必要な費用

継続検査に必要な費用を一覧表で整理しました。しかし、あくまで基本的な金額のみの記載であり、ユーザー車検の場合は点検費用が不要として計算しているのと、整備にかかる費用では、交換部品がないことを想定しています。そして、「整備工場等を通じての車検」の場合は依頼するショップや整備工場等により金額が異なりますので、あくまで最低限必要となる参考金額としてご覧下さい。

バイク(小型二輪自動車)の試算金額 ユーザー車検 整備工場等を
通じての車検
(推定金額)
1. 検査手数料(印紙代) 新規検査 400 円
継続検査 400 円
2. 自動車審査証紙(証紙) 新規検査 1,600円
継続検査 1,300円
2. 自動車重量税(印紙代)
5,000 円
3. 自動車損害賠償責任保険料
            (24ヶ月契約)
15.620 円
4. 検査申請書類等
(検査代行料)
約 100 円
約 12,000 円
5. 点検・整備等料金
約 20,000 円
合  計
新規検査 22,720 円
継続検査 22,420 円

■ 参考リンク
 財団法人関東陸運振興財団<ナンバーセンター>


注 1)「←」は、左欄と同額を意味します(以下、同)。

注 2) 手数料、税、保険料の詳しい内訳はそれぞれの費目をクリックしていただくと、それぞれの費目の説明に移ります。

注 3) 記載事項は2009年2月現在の金額で、自動車の場合(自動車重量税など)は車種によって若干異なる場合もありますので、詳しくは最寄りの運輸支局等、県自動車税課、保険会社等へお問い合わせ下さい。

 平成20年1月1日から、車検場に車両を持ち 込む場合の検査にかかる手数料の額と納付方法が変わり、自動車検査登録印紙は「印紙」、自動車審査証紙は「証紙」となりました。下記の表参照

印の金額は、あくまでいろいろな人からの聞き取りによる試算であり、詳しい内訳などはない参考価格です。ご自分のバイク(自動車)の継続検査を依頼する整備工場等でご確認下さい。この金額は、依頼先により異なりますのでご注意下さい。

なお、上記の表は、バイク(小型二輪自動車)の試算ですが、自動車をお持ちのライダーも多いので、参考までに自動車(貨物自動車は割愛します)の一般的な金額も参考として各費目のリンク先説明欄に記載しておきますので合計していただけば試算は出来ると思います。

<< Back
車検に必要な費用の続きを見る >>
次の項目へ          >>

Copyright (C) 1998-2016 All Rights Reserved by Tak34