”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4
Workshop 2&4 >> 車検場へ行くまでに >> バイク(二輪自動車)の点検整備項目

バイク(二輪自動車)の点検整備項目 (2)

2. 点検箇所及び点検項目

(1) かじとり装置
点 検 箇 所 点 検 項 目 結果
ハンドル
操作具合
フロントフォーク 損傷
ステアリング・ステムの取付状況
ステアリング・ステム軸受部のがた

(2) 制動装置
点 検 箇 所
点 検 項 目
結果
ブレーキ・ペダル
及びブレーキレバー
遊び
ブレーキのきき具合
ロッド及びケーブル類 緩み、がた及び損傷
ホース及びパイプ 漏れ、損傷及び取付状態
リザーバ・タンク 液量
マスター・シリンダー、
ホイール・シリンダ及び
ディスクキャリパ
機能、摩耗及び損傷
ブレーキ・ドラム及び
ブレーキ・シュー
ドラムとライニングとの隙間
シューの躍動部分及びライニングの摩耗
ドラムの摩耗及び損傷
ブレーキ・ディスク
及びパッド
ディスクとパッドの隙間
パッドの摩耗
ディスクの摩耗及び損傷

注6 : つく項目については、バイクによっては該当しない(装備されていない)場合もあります。その場合は、「結果」のチェック欄は、「」(斜め線)で「該当なし」という印を付けます。

注7 : ブレーキ・パッド、ライニングの厚さは、必要に応じて測定し、その結果(厚みをmm表示で)を記載しておきます。
<< Back
Next >>

Copyright (C) 1998-2016 All Rights Reserved by Tak34