”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4
Workshop 2&4 >> 車検場へ行くまでに >> 書類を書く際の注意事項

書類を書く際の注意事項 (2)

2. 自動車検査証から転記する項目

突然「自動車登録番号は?」と聞かれると、悩むかもしれませんが、「ナンバープレートの番号は?」と言えばわかりますよね。書類上は、通称ではなく正式な名前で表現してあるので、難しく感じてしまうだけで、一つずつを落ち着いて対処すれば何ら難しいことではありません。

(1) 「検査申請書」の場合
下のaの画像(継続検査申請書)は、『自動車登録番号』の欄を抜き出したものですが、この項目の場合は、書類内に「記入例」が書いてありますが、その下のbの画像(自動車検査証)にも同じ項目があります。

a. 検査申請書
OCR4
b. 自動車検査証
自動車検査証

以上のように、自動車検査証から同じ項目を探し出して転記すればいいのです。そして、「必ず記入しなければいけない項目」は、見本があるのでそれを見て書けば悩むこともないでしょう。

余談ですが、息子が初めてバイクのユーザー車検に挑戦した際、「落ち着いて見本を見て必要事項を書け」と言ったきり、私は横にいても一言もアドバイスをしませんでしたが、問題なく書くことができました。このように初めてでも心配する必要はないのです。

次ページでは「自動車検査票」のケースも見てみましょう。
<< Back
Next >>

Copyright (C) 1998-2016 All Rights Reserved by Tak34