”workshop”とは、「自主的に活動させる方式の講習会」という意味です。あなたも自己責任でユーザー車検に挑戦してみませんか。
ユーザー車検:Worlshop 2&4
Workshop 2&4 >> 車検場へ行くまでに >> 書類を書く際の注意事項

書類を書く際の注意事項

検査の申請に必要な書類は、基本的には受付の場所に「記入例」があるので、それを見れば誰でも書くことができます。

したがって、「書類の書き方」といって各項目を詳しく説明しなくても問題はないかと思いますので、勘違いしやすい部分を抜き出して説明したいと思います。

1. 必ず注意しなければいけないこと

検査当日、申請する際に自分で書くことが必要な書類は、「必要書類等の説明」欄で書いておきましたが、『検査申請書』と『自動車検査票』、『自動車重量税納付書』、『手数料納付書』(継続車検では不要)になります。この書類の中で、下記の『検査申請書』は鉛筆で記入しますので注意してください。なお、他の書類は、ボールペンで記入します。

検査申請書(OCR)
継続検査申請書
OCRシート4号様式
検査申請書(OCR)
新規検査申請書
OCRシート1号様式


書類を見ると多くの項目を書かなければいけないように思えますが、実際に記入する項目は、住所、氏名と他には自動車検査証から少しの項目だけを転記するだけですから、落ち着いて書けば難しいことではありません。

では、次ページで自動車検査証から転記する項目等を少し見てみましょう。
<< Back
Next >>

Copyright (C) 1998-2016 All Rights Reserved by Tak34